739ASKJ


#甘サド彼女

ボクの彼女が家に久しぶりに遊びに来た。
色白でスリム、今日もヘソ出しルックで誘惑する最高の彼女だ。

「お腹すいてない、何か作ってあげようか?」
台所を見まわしたら、なにか女の気配を察してしまったようで、
「ふーん、本当に女の子来てない?」
「来るわけないじゃん」
タジタジするボク、彼女が膝でチ●ポをスリスリしながらシャツ越しに乳首を触ってくる。
「本当に女の子来ていないならムラムラしてるはずでしょう」
「えっ、あっ」
凄みのある笑顔でシャツのボタンを外すと、舌を伸ばして乳首ペロペロしてくる。
「あっ」
「声は出してもいいから、まだ出しちゃだめだよ。お利口さんに出来る?」
笑っているけれども、すごいセリフを平気で言ってくるんだなあ。
「乳首勃ってきたね」
キスしてきても、ボクから舌を絡めるのは許してくれない。
「動かしちゃだめだよ」
レロレロ這い回る舌。
それでシュルシュル乳首舐められちゃったらズボンの下でチ●ポがいきり立ってる。

「どうして欲しい?」
ズボンを脱がせ、パンツ越しに膝で挟んでキス。
「気持ちいの?乳首もこんなに立ってきたよ」
笑顔で乳首を摘まんで、吸い上げてくる。
「だめだよ、コレお仕置きだら。もう少し我慢して」
背後に回り、首筋や耳に息を吹きかけながら両手で乳首を攻めてくる。
どれだけ攻められただろう、パンツを脱がすと
「お利口さんにしたらご褒美上げるね」
バッキバキに勃起したチ●ポをシコシコしごき上げられてもうたまらない。
「出る、出るう」
「だめえ、手でイッちゃっていいの?」
その割には全然攻撃の手を緩めてくれない。

Rapidgator.net

「オマ●コとかお口いらないの?」
前かがみにさせられ、タマにシュボッと吸い付いてきた。
「そのままの体勢でいてね。ちゃんと耐えてくれたからご褒美」
上半身を脱衣すると、スリムなおっぱいを背中に押し着け、羽交い●めで乳首とチ●ポを攻めてくる。
正面に向き直って僕をしゃがませると、さらに熱のこもった乳首舐めと手コキを続けてくる。
「ダメダメ、出ちゃう」
「またイきそうになったらお仕置きだよ」
また四つん這いにされると、ボクの恥ずかしがる顔を見上げながらチュパチュパ玉を吸い舐めしてチ●ポをシコシコ。
「お尻の穴もいじってあげるね」
「はっ、恥ずかしい」
テーブルの上にボク仰向けにすると、
「どうして欲しい、舐めて欲しいの?どうしようかな」
ここまで長かった。

舌を伸ばすと、サオを根元から先端にれろーっと舐め、パクリと咥えてくれる。
一旦口にしてくれたら、シュバシュバと激しい動きにまたまた出そうになる。
「私のオマンコよりも手や口が好きって事?」
更にいじめてくる。
ニッコリ見つめ手コキしながら、
「イきたい?じゃあ、10数えるからガマンできる?いーち、にいー、…」
苦しむボクの姿を見下ろしていたが、何とか乗り切った。
「私の事も気持ちよくして」
真っ赤なパンティを脱ぐ彼女、股を開いてパックリとマ●コをさらけ出し、
「舐めて気持ち良くして」
やっとボクの番が回ってきた。

はやる気持ちを抑えて、小刻みにチロチロと舌先で探ってみる。
「ああん、もっとして」
ヌルヌルになってきたマ●コに指を差し入れて中で動かすと、声を上げて感じてくれる。
「もうガマンできないよ」
まだ手と足先を使って刺激してくるが、やっとお許しを得られた。
「挿入れよう」
彼女が壁に手を着き、グイッとお尻を突き出した。待ちかねたこの瞬間、チ●ポを生身の彼女に包み込まれて感無量だ。
だがしかし、そんな余韻に浸る間もなく、彼女自ら腰を動かして出し入れされちゃう。
「あー、イクイクイク」
そのまま果ててしまった。

「動かしてえ」
良い声で甘えてくる彼女。
今度はこちらからパンパンと動かしちゃったが彼女も振り返って乳首を触ってきたりと積極的だ。
一旦身を離すと、ボクが仰向けになった。
「ああっ、あああ、気持ちい」
上に乗った彼女自ら、自分の気持ち良い所に当たるように腰を動かしている。
「今度はキミがたくさん動く番、ベッド行こう」
ラブラブなチューを交わして、対面座位で交わる。
感じる彼女の顔を間近で見られキスもたっぷり。
体をのけ反らせた彼女がとっても頑張ってくれるので、ついつい腰を振ってしまう。
「まだ出しちゃダメ、もっと奥まで入れて」
四つん這いになった彼女をバックから突きまくると、
「ああ、ダメダメ、いっちゃう」
さらに激しく感じてくれる。

もうイきそうだが、やっぱりフィニッシュは正常位が良い。
「あっ、イクイク」
喘ぎまくる彼女のキレイな顔と色白でスリムなボディを見下ろしながら、ボクももう限界だ。
「あっ、ヤバい、腰が止まんない」
「いいよ、中に出して、出して出して」
一番奥で大量発射しちゃった。
マ●コからドロッとこぼれ落ちるボクの精子。
小悪魔甘サド彼女の小悪魔スウィート地獄。
顔は甘々でめっちゃかわいいけれど手先はサディスティックだった。
でもガマンしただけもの凄く気持ちよかったよ!

【发行日期】:2023/10/07
【影片类型】:フルハイビジョン(FHD)、配信専用、素人、貧乳・微乳、手コキ、中出し
【影片时间】:00:47:17
【影片大小】:1.36 GiB
【解压密码】︰bLkSsiAa7rTb
【档案载点】:

Rapidgator:
739ASKJ-002.part1.rar
739ASKJ-002.part2.rar

739ASKJ



#甘サド彼女
今日は楽しかったデート、帰りに久々に彼女の部屋に立ち寄った。
笑顔で喜ぶ彼女はオムライスを作ってあげると優しくチュウをしてくる。
「でもさあぁ、何で今日、別の女見てたの?」いきなり怖い顔で迫ってくる。
「いや、ちょっと芸能人に似てるなと思って・・・。」
「お仕置が必要だよね! フフフ。」
眼つきが変わった彼女に思いっきりアゴを掴まれる。
「ほんとに分かってる? 私が一番かわいいでしょ?」
彼女は僕のチ●チンを掴み上げ、股間に膝をグリグリ押し付けてくる。
焦らすように乳首の周りに舌を立てられチ●ポはビンビン。
「ねえ、お仕置されてるの分かってる?」
乳首を噛んで舐め責めてくる彼女。
「ねぇ、舌出して。」
舌を突き出すと甘噛みして、舌を絡ませる甘いディープキス。
ズボンを脱がされブリーフの上からオチ●チンを擦り上げてくる。
「ん! この長い髪だれの?」
「えっ!!!」何でそんなものがパンツに付いているんだ!!
「ねえ誰の毛? 浮気したでしょ!」
チ●ポを手と膝で激しくグリグリし、乳首をつねり噛みついてくる。
「こないだ来てた、妹のだと思う・・・。」
ケロッと機嫌の直った彼女は、僕のパンツを脱がし、優しい手つきで手コキしてくる。
チ●ポに涎を垂らし、グチョグチョと滑るような手コキに思わずイキそうなる。
「出ちゃう? 出ちゃうの? ふふふ!」
と言いながら寸止めで手を離し、
「まだ、イっていいって言ってないんだけど。」怖い目つきでテーブルに手を着けと命令してくる。
「後ろから責められるの、好きだよねぇ。」
にんまりした顔で後ろから乳首を摘ままれ、激しくチ●ポをしごかれる。
「あぁ~出ちゃいそぅ。」声を上げるとまた寸止めされて、乳首をいじられ焦らされる。
「じゃあ、こっち舐めてあげるよ。」
テーブルに座らされてのアナル舐めに僕のチ●ポはビクビクと反応する。
彼女の舌は裏筋を這いまわり、首を回しながら竿先を咥え込んでくる。
ノーハンドで頭を上下させる絶妙なフェラにチ●ポはギンギン。
「もっと、気持ちいいことしてあげる。」
手でしごきながらカリ首をじゅぼじゅぼと咥えこみ、激しく手コキされもう限界の僕。
「じゃあ、私がゼロって言ったらイっていいよ。」
チ●ポをしごきながら焦らし焦らしカウントダウンする彼女、ゼロの直前に手放し寸止めされのたうつチ●ポ。
「もう一回ヤルぅ? ごーお、よーん、さーん…じゅぼっ!」
手こきからいきなりフェラに変わり、あまりの気持ち良さにもう限界。
「あ~~出ちゃう、出ちゃう!」と彼女の腕を握りながら僕は口の中にドクドクと精子を出してしまった。
精子を吐き出す彼女、こ…怖い…。
「へっ? わたしゼロって言ってないよね?」
イキ敏感になったチ●ポをしごき上げられ腹筋がヒクヒクしてしまう。
「じゃあ、私も気持ちよくしてよ。」
パンティーを脱ぎ棄て、椅子にM字開脚する彼女の股間に顔を埋めペロペロとおま●こを舐める。
「舐め方じょうずになった?・・・でも私この舐め方教えてない!」
浮気してたでしょ?とじくじく言葉責めしながら、足先でチ●ポをいたぶられる。
手で僕の頭をおま●こに押し付け、腰を振り出す彼女、ピクピク腰を突き上げ痙攣してイってしまう。
「そろそろ、挿れたくなったでしょ♪」
壁に手を着き、可愛いお尻を突き出してくる。
チ●ポを突き立てるとニュルっと入ってしまう気持ち良さに僕は腰を振りまくる。
彼女は腰を横に振り気持ちいい所にチ●ポを擦りつけてイキ果てる。
寝室のベッドで騎乗位で跨り、突き上げるように腰を前後させる彼女。
僕の乳首を責めながらおま●こをパンパンと打ち付け、ビン勃ちになったチ●ポを扱く様に腰を振る。
こっちがイキそうになると腰を止めて、「乳首つねっちゃお、痛いの好きだもんね~。」とゴシゴシとおま●こを擦りつけながら腰を振る彼女は「ああああ、イクうぅぅ!」とニュルンとチ●ポを吐き出す。
「次は後ろから突いて! ほら、早やあくぅ。」
形のいいお尻を掴み僕はチンチンを突き入れ、イったばかりのトロトロマ●コに腰を振る。
既に限界を迎えそうな僕の乳首をつなりながらイキまくる小悪魔。
「まだ、動けるでしょっ♪頑張って。」股を開いて強●正常位SEX命令。
ニュルンとマ●コに吸い込まれる僕のチ●ポ、彼女の腰を両手で掴みズボズボと激しいストロークで腰を突きまくる。
「腰が動いちゃう~~、いくぅー!いくぅー!」
痙攣するマ●コの奥中に精子をドクドクと中出しした。
「すごーい!何かいっぱい出たよ、…でも今日はまだ許してないからね。」
イったばかりの僕のオチ●チンを咥え込み激しくフェラする彼女とのSEX地獄はつづく。

【发行日期】:2023/04/12
【影片类型】:中出し、素人、フルハイビジョン(FHD)、配信専用
【影片时间】:00:46:06
【影片大小】:1.33 GiB
【解压密码】︰XmfuMKkaq4US
【档案载点】:

Rapidgator.net

Rapidgator:
739ASKJ-001.part1.rar
739ASKJ-001.part2.rar